2017年05月17日

ゲームと現代集合論

2016年7月に某数学サークルで発表した、決定性公理に関する内容のPDFです。
集合論を知らない人向けに、記述集合論やら巨大基数やらを説明するという無茶な試みがなされています。
なので、きちんとした証明はほとんどなく、完全にお話という感じですが、それでも12ページでまとめたのは、我ながらよく頑張ったと思います。
ちなみに、「現代集合論」と銘打ってあるのは誇張表現で、全然現代っぽい話はないです。


5/19 Definition 1.4の一部に間違いがあったので修正


posted by Eureka GAP at 23:39| 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。